NY外為市場では米国の大規模追加経済対策への期待が後退したほか世界経済への懸念にリスク回避の円買いが再燃した。ドル・円は103円89銭の高値から103円73銭へ反落。ユーロ・円は126円40銭から126円30銭へ反落した。



新型コロナウイルス感染の急増を抑制するために香港やドイツ、英国でのロックダウン措置がとられる中、世界経済の回復の遅れが警戒されている。



ダウ平均株価は一時268ドル安となった。10年債利回りは1.1%割れで推移した。