NY外為市場では世界経済の見通し悪化に連れリスク回避の円買いが強まった。ドル・円は欧州通貨に対するドル買いに一時103円94銭まで上昇後、103円75−80銭へ反落。ユーロ・円は126円10銭から125円81銭まで下落した。



新型コロナウイルス感染拡大にともなう規制強化が回復を一段と遅らせるとの懸念が強まりつつある。ダウ平均株価は300ドル超安で推移。10年債利回りは1.1%から1.04%まで低下し6日来の低水準となった。