19日午後の東京市場でドル・円は108円60銭台と、動意の薄い値動きが続く。ユーロ・ドルは午前中に1.1940ドル台に下げたが、足元では1.1960ドル台に値を戻している。ユーロの底堅い値動きはドルへの重石となっており、ドル・円は動きづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円55銭から108円84銭、ユーロ・円は129円70銭から130円33銭、ユーロ・ドルは1.1942ドルから1.1977ドル。