インドを中心に新型コロナウイルス変異種感染が急拡大していることに伴い、世界のパンデミック感染拡大抑制を目指しバイデン政権はコロナワクチン特許除外を支持する方針を示した。これに対し、特許除外が社会安全保障にも影響しかねないため、ドイツのメルケル首相はこの案に反対する方針を示した。



リスク回避の円買いは一段落。ドル・円は109円11銭で下げ止まった。ユーロ・円は131円49銭で底堅い展開となった。



一時下落していたダウは上昇に転じ157ドル高で推移。米国債相場は反落した。10年債利回りは1.56%から1.58%まで上昇した。