7日午後の東京市場でドル・円は109円10銭台と、高値圏に値を戻している。豪ドルやNZドル、カナダドルなど資源国通貨が下げに転じ、ユーロやポンドもそれに追随した。それを受けややドル買い基調に振れており、クロス円も弱含む展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円が108円94銭から109円19銭、ユーロ・円は131円48銭から131円71銭、ユーロ・ドルは1.2053ドルから1.2070ドル。