米財務省は270億ドル規模の30年債入札を実施した。結果で最高落札利回りは2.395%と入札前の2.377%を上回った。また、応札倍率は2.22倍と、前回入札の2.47倍を下回り需要は低調だった。



外国中銀を含む間接入札落札比率は59.9%と、前回入札の61を下回った。



冴えない結果を受けて、米国債相場は伸び悩み。10年債利回りは1.66%から1.68%まで再び上昇した。ドル買いも再び再燃。ドル・円は109円44銭まで下落後、109円50銭で下げ止まった。