18日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、109円20銭付近での推移が続く。日経平均株価の強含みでリスク選好の円売りに振れ、主要通貨は対円で上昇。一方、米株式先物の堅調地合いでドルはリスクオンの売りが強まっているが、クロス円がドル・円をサポートする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円10銭から109円28銭、ユーロ・円は132円69銭から132円88銭、ユーロ・ドルは1.2151ドルから1.2169ドル。