14日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り、109円後半で利益確定売りに押された。日経平均株価の堅調地合いを背景に日本株高を好感した円売りが先行し、ドルは109円80銭台に浮上。ただ、心理的節目の110円を前に利益確定売りが観測され、一段の上昇は阻止された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円63銭から109円83銭、ユーロ・円は132円72銭から132円92銭、ユーロ・ドルは1.2098ドルから1.2112ドル。



【要人発言】

・G7声明

「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」

「新疆ウイグル自治区での基本的自由や人権、香港の高度な自治などを尊重するよう求める」