米国の5月シカゴ連銀全米活動指数は0.29と、予想0.88を下回った。4月分は-0.09と、0.24から下方修正された。



ドル・円は110円10-15銭で戻りが鈍い。ユーロ・ドルは1.19ドル前後でのもみ合いが続いた。

株式相場の反発を受け、米国債相場は軟調。10年債利回りは1.44%から1.46%まで上昇した。



【経済指標】

・米・5月シカゴ連銀全米活動指数:0.29(予想:0.88、4月:-0.09←0.24)