22日午前の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、110円前半で小幅に値を上げた。前日のNY株式市場の急反発を受け、本日の日本株高を見込んだ円売りに振れた。ただ、ドルも買い戻されているものの、日経平均株価の予想通り値動きで円売りは一服。ドル・円は上げ渋る展開となっている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円27銭から110円38銭、ユーロ・円は131円40銭から131円54銭、ユーロ・ドルは1.1910ドルから1.1920ドル。