22日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、110円40銭付近を維持している。利益確定売りに押されたクロス円は小幅に戻し、ドル・円を支える。一方、日経平均株価は前日比800円超高と上げ幅を拡大し、リスク選好的な円売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円21銭から110円47銭、ユーロ・円は131円21銭から131円54銭、ユーロ・ドルは1.1900ドルから1.1920ドル。