29日のマザーズ先物は前日比19.0pt高の1106.0ptとなった。なお、高値は1110.0pt、安値は1085.0pt、取引高は3242枚。本日のマザーズ先物は、米ナスダックやナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、反発でスタートした。現物株の寄り付き後は、フリー<4478>やBASE<4477>、JMDC<4483>など時価総額上位銘柄が下落して相場の重しとなり、マザーズ先物は5.0pt高まで上げ幅を縮小する場面があった。その後、下落した銘柄がプラスに転じたことや、弁護士ドットコム<6027>やメルカリ<4385>など時価総額上位の銘柄が強含みして相場を下支えし、マザーズ先物は一時22.0pt高まで上昇、本日の高値付近で取引を終了した。日足チャートでは5日線手前まで陽線の上昇となり、昨日とは対照的な力強い値動きとなった。