日経平均は163円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。昨日、国内の新型コロナ感染者が初めて1万人を超え、政府が首都圏3県と大阪府に対し緊急事態宣言を発令する案を専門家に諮問したことに加え、世界でも新型コロナのインド型(デルタ型)が広がり、経済への悪影響が意識され、株価の重しとなった。一方、昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)が上昇したことや、発表が相次ぐ主要企業の四半期決算への期待感が株価下支え要因となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均は下げ幅を拡大している。