3日午後の東京市場でドル・円は109円10銭台と、安値圏でのもみ合い。一方、豪準備銀行は本日の定例会合で現行の緩和的政策の維持を決定した。大都市での制限措置を背景に豪ドル売りが続いていたため、本日の政策決定を手がかりに買戻しが強まった。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円13銭から109円34銭、ユーロ・円は129円63銭から129円82銭、ユーロ・ドルは1.1868ドルから1.1881ドル。