欧州市場でドル・円は上値が重く、110円手前で伸び悩む。欧州株式市場はほぼ全面安、米株式先物は軟調地合いとなり、欧米株安の警戒感から円売りは後退。一方、米10年債利回りは持ち直しており、ドルへの買いは続く。ただ、対円では節目付近の売りが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円90銭から109円98銭、ユーロ・円は129円38銭から129円57銭、ユーロ・ドルは1.1768ドルから1.1786ドル。