NY外為市場では英国の景気回復に警戒感が広がりポンド売りが優勢となった。

英国の8月小売売上高は予想外に4カ月連続のマイナスに落ち込み、過去最長を記録。

英中銀は来週金融政策決定会合を控えているが、新型コロナデルタ株流行で、回復が進まず、タカ派姿勢が後退すると見られる。



ポンドドルは1.3807ドルから1.3741ドルまで下落。ポンド円は151円93銭の高値から151円07銭まで下落した。