20日午後の東京市場でドル・円は109円90銭台と、値動きは限定的。香港ハンセン指数が前週末から3%超の大幅安を記録し、リスク回避的なムードが広がる。一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え10年債利回りは底堅く推移し、ドルは売りづらいもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円85銭から110円04銭、ユーロ・円は128円68銭から129円06銭、ユーロ・ドルは1.1710ドルから1.1733ドル。