24日午後の東京市場でドル・円は小幅続伸となり、110円50銭付近に浮上。日経平均株価は前日比600円超高の堅調地合いを維持し、円売りに振れやすい。一方、ラガルド欧州中銀(ECB)総裁はユーロ圏の中国恒大集団へのエクスポージャーは限定的と指摘し、ユーロ・円は一段高に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円26銭から110円50銭、ユーロ・円は129円45銭から129円73銭、ユーロ・ドルは1.1735ドルから1.1748ドル。