欧州市場でドル・円は2018年10月以来となる114円40銭まで一時上昇したが、その後はやや失速し足元は114円30銭台で推移。米10年債利回りは上げ渋り、ドル買いはいったん収束。一方、欧米株価指数は堅調地合いを維持し、引き続き円売りに振れやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円09銭から114円40銭、ユーロ・円は132円50銭から132円74銭、ユーロ・ドルは1.1598ドルから1.1618ドル。