20日午後の東京市場でドル・円は114円半ばを維持し、底堅く推移する。仲値後はドル買い一巡でやや失速しているが、日経平均株価が前日比100円超高の堅調地合いで円売り方向に振れやすい。また、上海総合指数などアジアの主要指数の上昇も、円売りを支援する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円33銭から114円70銭、ユーロ・円は133円02銭から133円41銭、ユーロ・ドルは1.1628ドルから1.1648ドル。