NY外為市場でドル・円は一目均衡表の雲の上限113円11銭を突破し再び基準水準114円05銭を試す展開となった。



連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派発言で利上げの前倒し観測が強まったほか、新型コロナのオミクロン変異株への協議が緩和し、米10年債利回りは1.41%から1.45%まで上昇。ダウは600ドル近く上昇した。