欧州市場でドル・円は一段高となり、一時115円20銭まで値を切り上げた。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を受けたドル買いは継続し、主要通貨に対して強含む。一方、米株式先物は下げに転じ、今晩の株安を警戒した円買いも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円72銭から115円20銭、ユーロ・円は128円43銭から128円96銭、ユーロ・ドルは1.1181ドルから1.1206ドル。