25日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、127円10銭付近にやや値を上げている。15時に発表されたドイツの1-3月期GDP改定値は速報値と一致したが、ユーロ売りに振れた。ユーロ・ドルは1.07ドル台を維持できず、ドル・円を小幅に押し上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は126円66銭から127円06銭、ユーロ・円は135円68銭から136円24銭、ユーロ・ドルは1.0682ドルから1.0745ドル。