7日午前の東京市場でドル・円は135円90銭近辺で推移。米長期金利の反発を受けたドル買い・円売りが観測されており、ドル・円は一時136円13銭まで買われている。世界経済の見通し悪化を懸念したリスク回避的なドル売りは縮小。135円台後半には個人勢などのドル買い興味が残されているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円79銭から136円13銭、ユーロ・円は138円29銭から138円60銭、ユーロ・ドルは、1.0178ドルから1.0188ドル。