NY外為市場で金利上昇に伴いドルはじり高推移した。ドル・円は135円57銭から135円96銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0197ドルから1.0157ドルまで下落し20年ぶり安値を更新。



米国の景気後退懸念が緩和し米国債相場は軟調に推移。10年債利回りは2.99%まで上昇した。



連邦準備制度理事会(FRB)は公表した6月連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、成長が弱まることを想定しているものの、経済が引き締めに耐え得るとの見解を明らかにした。