先週末5日の米株式市場でNYダウは76.65ドル高の32803.47、ナスダック総合指数は63.03pt安の12657.55、シカゴ日経225先物は大阪日中比35円安の28135円。為替は1ドル=135.00-10円。先週末の海外市場で米長期金利が上昇したことを受け、利ザヤ拡大期待から第一生命HD<8750>など金融関連株に資金が向かいやすく、また、外為市場で1ドル=135円00銭台と先週末5日15時頃に比べ1円70銭ほど円安・ドル高に振れたことから、トヨタ<7203>など輸出株関連も買われやすいだろう。国内要因では、岸田首相が内閣改造・党役員人事をすると表明したことを受け、原発関連の日製鋼<5631>や防衛関連の三菱重<7011>など政策に絡んだ銘柄が注目される可能性がある。個別の材料では4-6月期決算発表銘柄への関心が高く、好決算を発表したレーザーテック<6920>、ロードスター<3482>、タムラ製<6768>、昭和産<2004>、シダックス<4837>、名村造<7014>、旭ダイヤ<6140>や、業績予想を上方修正したバンナムHD<7832>、フジクラ<5803>、ゴールドウイン<8111>、ラウンドワン<4680>、大阪ソーダ<4046>、山一電<6941>などが物色されるだろう。一方、低調な決算を発表した東京海上HD<8766>、MS&AD<8725>、日本紙<3863>、島津製<7701>、ミネベアミツミ<6479>、コムシスHD<1721>は売られやすい展開となりそうだ。