29日午前の東京市場でドル・円は144円20銭台で推移。米長期金利の低下を受けてドルは上げ渋り。主要通貨に対する円売りは一服しており、新たなドル買い・円売り材料が提供されない場合、ドル・円は144円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くとの見方が増えている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円07銭−144円47銭、ユーロ・ドルは、0.9684ドル−0.9738ドル。ユーロ・円は139円71銭−140円37銭。