以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2022年11月21日16時に執筆



株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



景気後退へ向かおうかという時に株価が上がるというのは、なんだか新型コロナが流行し、テレワークがスタンダードとなっていった2020年の時期と似ておりますねぇ。その後は皆さまがご存知のように半導体関連銘柄のバブルとなりました。



現在の上昇相場は米インフレの鈍化によるものですので、サプライチェーンの停滞を発端とした21年の半導体バブルとは構造が異なります。しかし、SOX指数を見ると10月中旬からこれまで売られてきた半導体銘柄が買われており、改めて半導体銘柄の監視を強めていきたいところです。



もちろん来月12月13日夜(日本時間)発表の米消費者物価指数がリバウンドする可能性も考えられるのですが、多くの投資家は米インフレが落ち着いてリセッションへ向かうと考えているでしょう。FRBが利上げペースを落とすのかどうかによって、日本株の年末ラリーがどうなるか決まると言っても過言ではありません。



コロナ禍で社会を支える半導体の重要性は誰もが認識しました。ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイも、台湾TSMC株を新たに6010万株買い入れた事が11月14日に明らかになっています。バリュー投資で知られるバフェット氏ですから、この動きは注目しておきたいところ。今回はそんな関連株と、注目されているIPOをご紹介。



半導体銘柄と言えば、レーザーテック<6920>のような値上がりを投資家なら夢見てしまいますな。半導体製造装置の中でも検査・測定装置で高シェアを誇る同社は、10月31日の決算発表では前年同期比で純利益が約4.3倍に拡大しております。チャート(日足)は2ヶ月足らずで14320円(10月3日)から29645円(11月16日)の2倍近くまで上昇しました。



第二のレーザーテックとの呼び声高い日本電子<6951>は、11月11日発表の決算を上方修正しております。2期連続での過去最高益予想の同社ですが、直近のチャート(日足)はまだ上値が重い様子です。円安や国防の観点から半導体製造を国内回帰させる潮流もあり、上振れ余地があるとの思惑から下値を切り上げるかは見ておきたいところ。



キオクシア関連として思惑があるティアンドエス<4055>は10月27日に貸借銘柄に選定されると需給が改善し、半導体関連への物色を受けて買われ始めました。窓を空け動意した後は、トレンドを形成するか監視中です。



続いては浜井産業<6131>です。PERが割安で時価総額も小さい小型株とあって11月11日の決算後に一気に動意しました。一年半もの間、下落トレンドが続いていましたが底を打ってトレンド転換となるか監視です。



11月11日に好決算を発表したシキノハイテック<6614>は、決算発表後に急動意しました。自動車向け半導体検査装置開発やパワー半導体の設計を手掛けている事もあり、EV需要の拡大でも思惑がありますな。プライム市場にIPOした直後から下値を切り上げているソシオネクスト<6526>とも協業している事も相まって、どちらも強気なチャートを継続しているので注目中です。



そして最後に半導体関連ではありませんが、11月のIPOの中で、eスポーツ関連として際立って注目されているウェルプレイド・ライゼスト<9565>は見ておきたいところ。事前に親会社であるカヤック<3904>が急上昇していくなど、Web3.0の時代到来に向けて拡大していく新たなゲームの領域、そして市場に、思惑は尽きませんな。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログやLINE公式ではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず