欧州市場でドル・円は強含み、一時139円04銭まで値を切り上げた。ただ、節目付近の売りに押され、その後は138円80銭台に失速した。米10年債利回りはもみ合い、方向感は乏しい。一方、クロス円はドル・円に追随し、買い一服後は上値の重さが目立つ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円44銭から139円04銭、ユーロ・円は143円37銭から144円09銭、ユーロ・ドルは1.0341ドルから1.0380ドル。