1日のドル・円は、東京市場で138円12銭から135円84銭まで下落。欧米市場では136円66銭から135円21銭まで一段安となり、135円35銭で取引終了。本日2日のドル・円は主に135円台で推移か。米国の景気後退入りの可能性は高まっており、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。



1日発表された10月PCEコア価格指数は前年比+5.0%で市場予想と一致したが、上昇率は9月実績を下回った。また、米供給管理協会(ISM)が同日発表した11月製造業景況指数は49.0で好調と不調の境目となる50を下回った。支払い価格と新規受注は市場予想を下回っており、12月も50を下回る可能性は高いとみられる。米長期債利回りは経済指標の悪化を受けて一段と低下し、米国経済は来年前半までに景気後退に陥る可能性が高くなった。米国の利上げは来年1月が最後になるとの見方が出ており、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに強まる可能性は低いとみられる。