6日午後の東京市場でドル・円は上昇が一服し、137円17銭まで上昇後は136円台に失速した。日経平均株価は前日比100円超高に上げ幅を拡大し、日本株高を好感した円売りは継続。ただ、上海総合指数は下げに転じ、円売りを抑制する要因に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は136円29銭から137円17銭、ユーロ・円は143円24銭から143円94銭、ユーロ・ドルは1.0488ドルから1.0518ドル。