カナダ中銀は金融政策決定会合で、政策金利(翌日物貸出金利)を0.50%引き上げ4.25%に決定した。声明では、インフレ抑制のために追加利上げの必要性を検討するとした。インフレは高過ぎだが、圧力が緩和した可能性も見られると指摘。インフレ期待が定着するリスクに言及した。



エコノミストは0.5%の利上げを予想していたが、短期金融市場では62%の確率で0.25%の利上げ減速を織り込んでいたためカナダドルの買い戻しが加速。ドル・カナダは1.3680カナダドルから1.3590カナダドルまで下落。カナダ円は99円92銭の安値から100円60銭まで上昇した。




【金融政策】
・カナダ中銀:政策金利(翌日物貸出金利)を0.50ポイント引き上げ4.25%に決定
「インフレ抑制のために追加利上げの必要性を検討」
「インフレは高過ぎだが、圧力が緩和した可能性も見られる」
「インフレ期待が定着するリスク」
「地政学的リスクが世界のサプライチェーン改善を混乱」
「利上げが国内需要を抑制している証拠が見られる」