以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------

※2024年6月10日10時に執筆



グロース株がこれほど売られてしまっている状況を見ると、大型バリュー株しか眼中にない投資家も多いでしょうな。新NISAの影響で高配当銘柄も人気化しておりますので、まだまだ大型バリュー株への物色が進みそうです。



改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



これまでの円安が一段落して、海外投資家からの現物・先物の資金流入も冷え切ってしまいました。これから円高へ向かうとなると海外投資家は様子見ムードですな。日経平均が4万円を超えるのはいつになるんでしょうかねぇ…。



海外投資家及び国内の投資家でさえ現在のグロース株に手を出すとは思えませんので、再び何かのイベントをキッカケに海外から資金流入が増えるとしてもバリュー株が買われるでしょう。昨今話題の新NISAでも、長期の資産運用目的の資金流入が今後も増えるのならば安定した配当がある大型バリュー株が狙われやすいと考えるのが自然です。



デフレを脱却してもステルス増税により経済見通しはお世辞にも良いとは言えません。海外投資家の買い控えは、日本の経済指標の悪化が原因ですかねぇ…。FOMCと日銀金融政策決定会合を通過後もトレンドが転換しなければ、上値が重い展開となる可能性もありそうです。トヨタの不正報道や、岸田政権の行く末を考えると不安材料も目立ちますな。



見通しが悪い相場になるほど、底堅い業績期待のあるバリュー株が物色される傾向が強まるでしょう。もし、日経平均が25日線・75日線をしっかり上抜ければ、投資マインドが改善してきたというサインとなりそうです。東京都知事選、衆議院解散の思惑、米大統領選など今後はイベントが目白押しですので目が離せませんな。



さて、不確実性の高い相場では、基本通りに業績期待のある銘柄をチェックして参ります。鋼管の製造販売を手掛ける新家工業<7305>は、業績堅調で年初来高値を更新しました。PBRは1倍割れで割安感もあり、増配も好感されております。アクティビストでもあるブラッククローバーが同社の株を大量保有で思惑買いが流入しました。



トヨタ向けを中心に自動車用バネを手掛ける中央発條<5992>は、新型ランドクルーザーに同社のSDM(スタビライザーディスコネクト機構)が採用されたとの発表が好感されました。同社もPBRの割安感が目立っておりますよ。



「イナバ物置」で知られる稲葉製作所<3421>は、業績好調に加えて自社株買いの効果でじわじわと下値を切り上げております。株価が2000円台に乗るのは2007年7月からおよそ17年ぶりです。6月14日の決算発表まで、しっかり監視を強めております。



医療機器向け温度センサーなどで高シェアを誇るSEMITEC<6626>は、決算を機に底値から反発しましたな。自社株買いでその後も下値を切り上げておりますが、PER・PBRは割安水準です。25日線・75日線を上抜いて、このまま上昇トレンドを形成できるか監視中です。



直近IPOからはマテリアルグループ<156A >をピックアップしてみました。PR・デジタルを中心としたマーケティングコミュニケーション支援を手掛ける同社は、AI関連としても思惑がある模様。上場直後のマネーゲームが落ち着いてきて、チャート(日足)は底を打って切り返しております。業績は拡大傾向であり、株主還元にも積極的な様子。



最後はペット保険大手のアニコムHD<8715>です。昨今のペット市場拡大を見ると、同社のビジネスも成長性を感じますな。もちろん業績も年々拡大しており、配当も増配傾向です。チャート(日足)は、ボックス相場から直近で上放れしたように見えます。このまま上昇トレンドを築けるか注視です。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「アル」と共にお待ち申し上げております。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず