萩原工業---18/10期は売上高が13.9%増、合成樹脂加工製品事業及び機械製品事業ともに順調

萩原工業<7856>は10日、2018年10月期(17年11月-18年10月)連結決算を発表した。売上高が前期比13.9%増の264.57億円、営業利益が同1.3%減の26.85億円、経常利益が同1.0%増の27.81億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.1%減の18.84億円となった。



合成樹脂加工製品事業の売上高は前期比17.5%増の208.54億円、営業利益は同10.4%減の19.17億円となった。バルチップ海外向け販売、ブルーシート・土のう関連、フレコン関連、粘着関連、人工芝関連など、総じて順調だった。収益面では原料価格上昇の影響があったが、製品値上げを実施し、収益性も回復基調にある。インドネシアの子会社ハギハラ・ウエストジャワ・インダストリーズ社は、採算是正を目的とした製品値上げが浸透し、収益性が向上した。中国の子会社青島萩原工業有限公司も、ブルーシート他概ね順調だった。なお、当連結会計年度において、2018年2月1日に買収したEPC Holdings Pte.Ltd.及び同社買収時点で同社の子会社であった販売会社が8ヶ月間、2018年6月18日に買収した東洋平成ポリマーが3ヶ月間、それぞれ損益に寄与している。



機械製品事業の売上高は前期比2.0%増の56.02億円、営業利益は同32.0%増の7.68億円となった。主力製品であるスリッター関連機器は、国内向けは軟包装系及び光学系が、海外向けはタイ国及び他の東南アジア諸国で軟包装系が、中国で電池系が、それぞれ順調だった。ワインダー機器は、国内向けに粘着基材用の需要があった。押出関連機器は、高機能フィルム用スクリーンチェンジャー並びに特殊樹脂用及びコンパウンド用造粒装置が順調だった。リサイクル関連機器は、老朽化対策を目的とした造粒装置の更新需要があった。



2019年10月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比9.6%増の290.00億円、営業利益が同4.2%増の28.00億円、経常利益が同4.3%増の29.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.1%増の20.00億円を見込んでいる。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索