いちご<2337>---九州・山口地区においてホテル運営事業へ参入

いちご<2337>は21日、連結子会社である博多ホテルズが、同社が福岡市に保有する「ホテル イル・パラッツォ」を含むホテルの運営事業をグループ外の国内事業会社から譲受し、事業を開始することを発表。



同社はホテルの保有・運用において、これまで培ったノウハウを活用することで、ホテルの更なる価値向上と収益拡大が可能と考え、観光客数の伸びが大きく、多くのホテルを保有している九州・山口地区にてホテル運営事業への参入を決定した。



博多ホテルズは、ホテル全3棟192室他ラウンジレストラン、チャペル、宴会場にて運営を開始する。さらに本年8月までにホテル4棟が追加予定であり、700室のホテルを運営する九州・山口地区における大手ホテル運営会社となる見込みである。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索