日本光電---急落、成長ポテンシャルは織り込まれたとの見方も

日本光電<6849>は急落。前日に業績の修正を発表、和解金約4.2億円を特別損失に計上するため、通期最終損益は110億円から107億円に下方修正している。米子会社が労務問題に関する仲裁の提起を受けていたが、このたび和解が成立したもよう。本業ベースでは未修正。また、モルガン・スタンレーMUFG証券では、利益成長ポテンシャルは株価に織り込まれたとして、投資判断「イコールウェイト」継続で、目標株価を3600円から3200円に引き下げている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索