ギフト---3Qは2ケタ増収、積極的出店戦略を継続

ギフト<9279>は13日、2019年10月期第3四半期(18年11月-19年7月)連結決算を発表した。売上高が31.0%増の66.57億円、営業利益が29.5%増の7.93億円、経常利益が29.9%増の8.03億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が6.0%増の4.94億円となった。



直営店事業部門の売上高は50.29億円となった。商品開発拠点を設立し、新メニュー、新業態のためのマーケティング活動を兼ねた試作ラーメンの限定販売も実施した。なお、積極的な出店を続け、直営店77店舗(国内74店舗、海外3店舗)、業務委託店5店舗、合計82店舗となった。



プロデュース事業部門の売上高は16.28億円となった。引き続き、既存出店地域では直営店との調整を図りながら営業活動を推進、未出店地域では直営店の出店予定のない地域で新規オーナーの開拓を精力的に行った。その結果、当第3四半期連結会計期間末の同社グループがプロデュースする店舗数は国内354店舗、海外7店舗、合計361店舗となった。



2019年10月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比23.8%増の86.30億円、営業利益が同11.5%増の8.65億円、経常利益が同11.8%増の8.70億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同9.7%増の5.00億円とする期初計画を据え置いている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索