日本アジア投資---投資先企業が世界初マイクロ波マンモグラフィのプロトタイプ機を開発

日本アジア投資<8518>は18日、投資先企業のIntegral Geometry Scienceが乳がん検診を革新する世界初の画像化システム「マイクロ波マンモグラフィ」のプロトタイプ機を開発したと発表。



これまでに行った臨床研究では、高濃度乳房を含むすべてのタイプの乳房で高い乳がん検出感度を有することが示されており、高い再現性があるだけでなく、無痛、無被爆など多くの利点が存在している。なお、2022年までの実用化を目指すとしている。



同社は、今後も株主として、Integral Geometry Scienceの事業活動を支援するとしている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索