電算システム---東濃インターネットデータセンターの増築計画発表、新型モジュール型データセンターを建設

電算システム<3630>は16日、東濃インターネットデータセンター(岐阜県土岐市)の増築計画を決定。現在のモジュール型データセンター3基(30ラック)に加え、新型モジュール型データセンター(28ラック)の増築すると発表した。



2013年11月に開設された東濃インターネットデータセンターでは利用者が順調に増加し、利用率が高まったことで今回の増築を計画。モジュール型はビル型の「堅牢性」とコンテナ型の「省コスト・省エネルギー・省スペース」の二つのメリットを持ち合わせ、これらのメリットに加え、多様な顧客ニーズに応える柔軟性を持たせた新型モジュール型を増築する。今後は新型モジュールでのさらなる増築を図り、データセンター事業を拡大させていくとしている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る