平山ホールディングス---1Qは2ケタ増収・大幅増益、主力のインソーシング(請負)・派遣事業が好調に推移

平山ホールディングス<7781>は14日、2020年6月期第1四半期(19年7月-9月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比19.6%増の58.05億円、営業利益は同990.8%増の0.94億円、経常利益は同640.3%増の1.04億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同88.0%減の0.06億円となった。



インソーシング(請負)・派遣事業の売上高は前年同期比16.2%増の46.51億円、セグメント利益は同41.5%増の3.48億円となった。医療機器、素材、食品関連分野等を中心に受注が堅調に推移した。また、現場改善での効率化等で利益が改善した。



技術者派遣事業の売上高は前年同期比22.0%増の3.76億円、セグメント利益は同79.0%増の0.21億円となった。自動車等の輸送機分野、通信機器分野及び半導体製造装置分野での需要が堅調に推移した。また、前年度に採用した新卒者が順調に配属され、増益に貢献した。



海外事業の売上高は前年同期比15.3%増の5.57億円、セグメント損失は0.00億円(前年同期は0.02億円の損失)となった。米中貿易摩擦により中国向けの電子・電気部品の減速等の影響を受けた。



2020年6月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比15.2%増の240.00億円、営業利益は同48.4%増の3.00億円、経常利益は同22.0%増の3.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同9.6%増の4.00億円とする期初予想を据え置いている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る