ダイナムジャパンホールディングス---2019年9月中間期は増収増益を達成、スロット遊技機の設置台数を増加

ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は20日、2019年9月中間期連結決算を発表した。営業収入が前年同期比0.5%増の739.70億円、税引前中間利益が131.50億円、中間利益が同4.5%増の86.96億円となった。



中核事業であるパチンコホール業界においては、2018年2月の改正遊技機規則の施行以降、遊技機の射幸性抑制が進み、遊技機販売の低迷による市場の縮小傾向が続いていたが、今期に入り、スロット分野を中心に回復傾向に転じている。このような背景のなか、同社グループにおいてもスロット遊技機の設置台数の増加などの投資の強化に加え、販売管理費の削減により、当中間期は増収増益を達成した。



なお、安定配当継続の観点から1株当たり6円の中間配当とすることも合わせて発表した。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る