城南進学研究社<4720>は25日、「未来の教室」実証事業に昨年に引き続き2020年も参画し、生徒の学力をオンライン学習教材「デキタス」でサポートすることを発表。



同社は、2019年、学びと社会の連携促進事業「未来の教室」に参画。JMC、横浜市立鴨居中学校と協力・連携し、同社開発のオンライン学習教材「デキタス」を使用して生徒一人ひとりの個別学習計画に基づいた到達度主義授業を実現し、課題の設定と一定の成果を上げた。2020年も同実証事業に参画し、2020年9月1日から、横浜市立鴨居中学校における学力支援を必要とする生徒を対象に開始した。