NTTドコモ<9437>は3日、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できる新たな料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供開始すると発表した。



月間データ容量は20GBまで利用でき、20GB超過後も最大1Mbpsの通信速度で利用できる。必要に応じて1GBあたり500円(税抜)で追加することも可能だ。また、この20GBの月間データ容量は、海外82の国々・地域でも追加料金なく利用可能であり、これにより、渡航先でも面倒な手続きなく、各種インターネットサービスを利用できるとしている。



加えて、5分間までの国内通話が何度でも無料で利用できるという。なお、通話時間が5分を経過した場合、30秒ごとに20円の通話料がかかるほか、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は、別途料金がかかることに注意が必要だ。月額1,000円(税抜)で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションも用意している。



「ahamo」は実店舗ではなく、オンラインで受付を行う。新規契約の手続きは専用のウェブサイトで受付し、契約後も専用のアプリでデータ利用料や料金の確認、各種手続きができるとしている。



提供開始は2021年3月。これに先立ち、12月3日より提供開始日の前日まで先行エントリーを受け付ける。専用サイトから電話番号とメールアドレスを登録し、提供開始後に「ahamo」を契約することで、「dポイント」(期間・用途限定)3,000ポイントを進呈すると伝えている。