ソフトフロン<2321>



2021年3月期業績予想の修正を発表。営業利益は1200万円から2900万円に上方修正している。主力製品である「telmee」「commubo」の月額利用料などのストック売上高が伸張したほか、車載機器向けを含むソフトウェアのライセンス販売が当初の想定を上回った。株価は足元で135円〜140円辺りでのもち合いが続いており、もち合いレンジからの上放れに期待。





ウッドワン<7898>



25日線を支持線とした上昇基調を続けており、4月23日には1600円まで上昇。その後は1400円〜1600円辺りでの高値圏でのもち合いを見せているが、25日線とのかい離縮小により過熱感は和らいでいる。一目均衡表では雲を上回っての推移が継続しており、転換線が支持線として機能。価格帯別出来高では1450円辺りで出来高が積み上がっており、同水準での押し目買い意欲は強い。