日本製鉄<5401>は大幅続伸。先週末の取引時間中に発表した決算内容を評価する動きが継続している。21年3月期事業利益は従来予想の300億円を大幅に上回る1100億円で着地、グループ会社の損益改善やコスト改善の進展などが収益上振れの背景に。また、22年3月期見通しは4500億円で前期比4.1倍の見通し。3000億円台が視野に入るとされていた先の観測報道の水準をはるかに上回っており、想定以上の収益改善にインパクトが強まる展開へ。