大崎電気<6644>は大幅反発。いちよし証券ではレーティングを「B」から「A」に格上げ、フェアバリューも650円から800円に引き上げている。22年3月期営業利益は35億円で前期比30.4%増と会社計画水準に引き上げ、23年3月期見通しも増額し、50億円で同42.9%増と連続大幅増益の予想としている。英国プロジェクトがいよいよ本格化に向かう公算であるほか、国内でもカーボンニュートラルに向けた機運の高まりが追い風になってくるとみている。ただ、買い一巡後は上げ幅を縮小している。