銘柄名<コード>18日終値⇒前日比

OBC<4733> 6360 +220

「勘定奉行クラウド」がキヤノンの「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズと

連携を開始したと発表。



オルトプラス<3672> 433 +4

DMM.comと共同出資し、オンラインクレーンゲームを提供する

合弁会社「DMMオンクレ」を設立すると発表。



SUMCO<3436> 2741 +84

SMBC日興証券は目標株価を引き上げ。



コナミホールディングス<9766> 7010 +190

SMBC日興証券が目標株価を引き上げ。



MS−Japan<6539> 1241 +151

特に目立った材料観測されないが値幅取りの動きで大幅高に。



バイタルKSK<3151> 762 +71

自社株買いの実施発表でリバウンド期待高まる。



エーザイ<4523> 12075 +675

プリストル・マイヤーズと抗体薬物複合体の独占的提携契約。



三井ハイテック<6966> 6370 +630

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断買い推奨に上げ。



メック<4971> 3130 +194

東海東京証券では投資判断を格上げへ。



ファンコミュニケーションズ<2461> 403 +20

高水準の自社株買い実施発表を好感。



三協立山<5932> 835 +36

ISMAのマグネシウム合金製部分構体での気密疲労試験結果を材料視。



CEHD<4320> 549 +19

台湾企業とパートナーシップ構築に向けた覚書締結。



日本電産<6594> 12850 +525

17日にはEV軸に中国2拠点の人員4-5割増などと伝わっていたが。



ラクス<3923> 2385 +100

高値もみ合いから買い戻しが優勢か。



日本郵船<9101> 5160 -430

米景気敏感株売りの流れで利食い売りが向かう。



川崎汽船<9107> 3465 -250

商品市況の下落も海運株安につながる。



商船三井<9104> 4830 -290

大手海運各社には一斉に利食い売り集まる。



新電元工業<6844> 4755 -405

17日にかけて一段高となり短期的な過熱感も。



フォーカスシステムズ<4662> 1110 -97

16日にかけて急伸の反動安が続く。



名村造船所<7014> 187 -11

大手海運株の下落を受けて利食い売りが集まる展開に。



パーク24<4666> 2111 -185

足元の業績悪化をネガティブ視する動きが継続。



第一生命HD<8750> 2115.5 -127.5

米長期金利の低下で17日上昇の反動が強まる。



SOMPO<8630> 4100 -199

モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。