エスプール<2471>は28日、子会社のエスプールグローカルが鹿児島県日置市と立地協定を締結し、同市に隣接する複数の自治体業務を受託するシェアード型のBPOセンターを2023年3月(予定)に開設すると発表した。



エスプールグローカルは、複数の自治体から同一の業務を集約して受託するシェアード型のBPOセンターを全国で展開している。業務内容は、ワクチンの問い合わせ対応、マイナンバーカードの申請サポートなど多岐に渡り、これらの取り組みは、広域自治体のDXの推進、および市の垣根を超えた効率的な広域行政アウトソーシングの新たな形として期待されている。



今回新設するBPOセンターは、日置市内の大型商業施設への出店を予定しており、全国13拠点目となった。