■今後の見通し



電算システムホールディングス<4072>の2022年12月期業績は、売上高55,500百万円(前期比10.2%増)、営業利益3,270百万円(同4.2%増)、経常利益3,290百万円(同2.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,247百万円(同13.6%増)と期首計画を据え置いている。営業利益率は4.2%と前年同期の4.5%より0.3ポイント低いのは、収納代行サービスなど中長期的な事業成長に向けた先行投資を2期連続で計画しているためである。この先行投資により2027年12月期に売上高1,000億円企業に成長することを目指す。また、2021年7月に子会社化したマイクロリサーチが通年で寄与することが理由として挙げられる。加えて、上期の取引条件の交渉の成果も下期以降に成果が出るものと見ている。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)