■会社概要



1. 沿革と事業内容

(1) 沿革

エレマテック<2715>の前身の2社のうち、高千穂電気は1947年に東京で、大西電気は1958年に京都で、それぞれ設立された。両社はともに絶縁材料の取り扱いからスタートし、その後の技術開発の流れに沿ってエレクトロニクス製品向けの電子材料へと取扱品目を拡大させて、独立系技術商社として業容を拡大してきた。



両社は2009年に合併(存続会社は高千穂電気)し、社名をエレマテック株式会社へと改めた。事業領域はともに電子材料が主体でありながら、東京と京都で地理的補完関係を生かして成長を続けてきた。2012年にTOB(株式公開買付け)によって豊田通商の子会社となり、現在に至っている。



(2) 事業内容

同社は現在、エレクトロニクス製品向けの電子材料をはじめとして電子部品や設備など幅広い商材を取り扱っている。事業の基盤としては、連結ベース(2024年3月末現在)で従業員1,225名を抱え、国内25拠点、海外48拠点を擁している。事業拠点の中には加工サービスを手掛ける拠点が国内1ヵ所、中国2ヵ所の合計3ヵ所含まれている。



事業はグローバルで展開しているが、主要顧客は日系企業が中心であり、日本企業の海外進出状況を反映して、海外については中国及びアジア地域が主体となっている。2024年3月期の売上高構成比(決算短信ベース)は、日本54.8%、中国(香港含む)20.8%、その他アジア(韓国、インド、東南アジア等)15.1%、欧米(米国、メキシコ、チェコ)9.3%だった。



同社は仕入先・販売先の双方に多数の顧客を有して幅広い商材を取り扱っているため、管理するうえでグルーピング(分類)が不可欠である。現在は顧客企業の生産品目を基準(販売先基準)としたマーケット別の分類として、Digital Electronics、Automotive、Broad Marketの3つに分けて内部管理及び情報開示を行っている。2024年3月期の売上高構成比は、Digital Electronics 36.7%、Automotive 22.8%、Broad Market 40.5%となっている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)